The history of COCOPELLI

高岡市から アートの発信「ココ」がぼくらの創造の発信地点

高岡氏は、昔から「ものづくり」によって栄えた街。今もここでは職人さんや若者など、様々な人が伝統を受け継ぎ、新しい取り組みにチャレンジしています。そんな土地に集まったぼくたちは、それぞれの作品を制作する中で、ちょっとたどたどしくも、仲間や家族、スタッフと関わりながら新しい世界を広げています。

ココペリが導いてくれ、歩んできた軌跡をここに紹介します。

ワークショップKAI=KAIの時代

2006~2009

 2006年11月絵画教室の構想を具体化し、同僚(井上浩美、本 佳司子)保護者に声をかける。絵画グループの名称を「ワークショップKAI=KAI」に決定。漢字の絵、会、快がイコールであるという意味。

 

2007年4月 「ワークショップKAI=KAI」制作活動開始(浅野達哉、村中洋介、前田拓海、篠田健弘、南克範)高岡支援学校美術部OBをメンバーに富山市芸術創造センターで制作活動を展開。11月 第1回グループ展「LOVE+PEACE=?」(元麻布ギャラリーTOYAMA

 

2008年4月 高岡市宮田町の空き倉庫に拠点を移す。(末永征史、荒見真央 加入)9月「八尾スローアートショー」にアーティストグループKAIKAIとして参加(富山市 樫尾小学校)12月 第2回グループ展(元麻布ギャラリーTOYAMA)。越中アートフェスタ2008優秀賞受賞(村中洋介 高岡市在住)

 

2009 6月 高岡市中川原の一軒家に拠点を移す。8月「八尾

スローアートショー」(  ワークショップ…4人のメンバーが小学校

図工の時間の先生として参加、 児童との共同制作作品「ブリュット

庵」をグラウンドジャングルジムに展示)10月 特定非営利法人 

障害者アート支援工房 工房COCOPELLI発足。ワーク・シ

ョップKAI=KAIはNPOの支援事業の一部門として活動継続

12月 越中アートフェスタ2009 優秀書受賞:シノタケ。

作:村中洋介。第3回グループ展(元麻布ギャラリーTOYAM

A)で開催。

高岡市から射水市へ

2010~2014

 2010年4月島雄介加入。7月「丸木スマとアールブリュット この素晴らしき世界」(西田美術館)ココペリメンバーの作品と丸木スマの作品が同じ空間に展示。オリジナルグッズ「缶バッジストラップ」ガチャポンによる無人販売開始。12月 「元気出そうぜ!福祉フォーラムTOYAMA」にてココペリを紹介する作品展示を実施第4回グループ展(元麻布ギャラリーTOYAMA)。       

 

2011年4月 日本電工高岡工場敷地内建物に移転(射水市)。2月 第5回グループ展「B・O・B」(元麻布ギャラリー)。越中アートフェスタ2011 奨励賞受賞:荒見真央、佳作:村中洋介、佳作:島 雄介。滋賀県社会福祉事業団主催 アールブリュット調査委員会に米田理事が委員として参加(2年間の任期)

 

2012年3月 個展「荒見真央展 Maoful Zoo 」(富山市ファ

ミリーパーク)、グループ展(元麻布ギャラリーTOYAMA)、「元気

出そうぜ!福祉フォーラムTOYAMA」にて「とやまのアールブリュッ

ト展」。北日本新聞シリーズ虹「生きることは描くこと」掲載。

8月 全国高等学校総合文化祭関連事業「島雄介展 で じゃ ぶ」

10月 研修旅行「ボーダーレス・アートミュージアムNO-M

A」見学。12月 越中アートフェスタ2012:佳作:末永政士

佳作:シノタケ

 

2013年1月 射水神社「前田拓海・末永征史 二人展」、6~8月 太閤山ビエンナーレ招待 村中洋介、荒見真央:富山県立近代美術館ふるさとギャラリー。12月 越中アートフェスタ201

3:奨励賞受賞:前田拓海、佳作:島 雄介 

2014年1月 射水神社「七つの彩の祝い馬」展。8月 個展「Be Colorful 前田拓海展」(射水市大島絵本館)。   11月 越中アートフェスタ2014:奨励賞受賞:浅野達哉

2015.1月~

高岡市 吉沢運輸工場跡に引っ越し  トランク・プロジェクト開始!

2015年1月 射水神社「七つの彩の祝いひつじ」展。2月 滋賀県「アートフォーラム」事例発表(大津プリンスホテル)。3月 高岡市伏木の空き倉庫にアトリエを移転。6~8月 太閤山ビエンナーレ2013招待 前田拓海、末永征士(富山県立近代美術館ふるさとギャラリー)。7月 トランク・プロジェクト開始。9月 浅野達哉個展「すなおなえ」(射水市大島絵本館)。10月 富山県NPO活動奨励賞受賞。12月 越中アートフェスタ2015 奨励賞:島 雄介、佳作:末永征士。

アール・ブリュット◎TAKAOKA開始!

2015.12月~

2015年12月 越中アートフェスタ2015 奨励賞:島 雄介、佳作:末永征士。「アール・ブリュット◎高岡 ‐ココロノチカラ・イロ・カタチ‐」( 高岡市美術館 )。高岡市発行「市民と市政」で特集記事掲載。エンジン01文化戦略会議オープンカレッジin富山において講座「アール・ブリュットって何?」を開設、国立近代美術館学芸員保坂健二朗氏、美術作家日比野克彦氏とともにパネルディスカッションを行い、ココペリの活動や富山の現状について報告。

 

2016年1月 射水神社「七つの彩の祝い申」展。2月 滋賀県

「アメニティ・フォーラム」事例発表(大津プリンスホテル)。

12月 シノタケ個展「シノタケ・アート・セッション」(射水市

大島絵本館)越中アートフェスタ2016 佳作(末永征士)

 

 

2017年1月 射水神社「七つの彩の祝い酉」展。2月 滋賀県

「アメニティ・フォーラム」事例発表(大津プリンスホテル)。

3月 「アール・ブリュット◎TAKAOKA chap-ヒカリノヒ

ミツ-」(高岡市美術館)映像上映「アール・ブリュットの生まれると

ろ」、シンポジウム:NASC角地智史さん。7月 アール・ブリュッ

ト作品調査委員に委嘱され日海側の作家について調査開始(ムラタク

ン、シノタケ、谷内英理菜)。チューリップテレビ谷口菜月アナの取材

が始まる。10フランス ナント・ジャパン アール・ブリュットプロジ

クト「KOMEBI展」に磯野貴之「でんちゅうでんせん」が出

品される。「とやま共生フォーラム」にて荒見真央さんが盲目のピアニ

ストYUTAさんとペインティングライブ。11月 越アートフェスタ2

017:奨励賞(末永征士)

 

2018年1月 射水神社「七つの彩の祝い戌」展。「アール・ブリュット◎TAKAOKA chap3 -らしくとままで-」(高岡市美術館)映像上映:「distortion」、チューリップテレビN6ニュース映像。シンポジウム:滋賀県文化振興課木村元彦さん、東海北陸ブロック障害者の芸術活動支援センター坂野健一郎さん、ミナブタ代表酒井晴美さん、福井市芸術・文化フォーラム荒川裕子さん。


Location

2-5 fushikimotomachi  takaokacity  toyama.japan

 

Email: npococopelli@gmail.com

Telephone: